走行距離が多い車は売れるのか?

<走行距離が多い車は売れるのか?>

基本的に走行距離が多い車の価値は下がります。

当然ですが、長距離は知っている車よりも走行距離が短い車のほうが市場価値は高くなります。その為車の買取りでも走行距離が短いほうが高額査定につながりやすいのも事実です。

およそ「1年で1万キロ」程度が標準の走行距離とされていいますので、それよりもさらに低走行車であればプラス査定が期待できます。

では長距離走っている車ではどうなのでしょうか?

長距離走行している車はそれなりに故障のリスクもあり、パーツなど様々なところに劣化がみられるようになります。例えば錆や塩カルなどによりマフラーや下廻りが破損してしまったり、ブレーキパット、ベルト類など様々な個所が気になります。車自体の寿命を考える場合もあるでしょう。

ですので当然走行距離が多い車は売却の際に不利になってしまいます。これはある程度しょうがないことだと思います。

仮に10万キロ走っている車と2万キロ走っている車が中古車として販売している場合、よほどの理由がない限り走行距離の少ない後者のほうが高く売られているでしょう。

ここで注目してほしいのは10万キロ走った車も売られている事実です。

ある程度長距離走った車でもそれなりに需要があり、中古車として販売しても利益を出せる車も多数あります。

また、人気車種や年式が新しい場合はもしかしたら金額が期待できるかもしれません。逆にほとんど値段がつかない車もあるでしょう。

ですので走行距離が長い車ほど車の一括査定は利用価値があります。
車買取業者により強化車種も違えば販路も様々です。いくつかの業者に査定をしてもらうことでより高い業者に売却をしていきましょう。



NO.1 NO.2 NO.3

ズバット車買取比較.com

最大10社の査定が受けれる
超優良査定サイト!

詳細はこちら

カーセンサー.net

最大30社へ一括査定!
大手の車買取査定サイト。

詳細はこちら

楽天オート

楽天ユーザーは必見!
最大9社へ一括査定。

詳細はこちら


サブコンテンツ

ブログランキング

このページの先頭へ